2020年1月15日、文賢のアップデートを行いました。
アップデート内容は以下のとおりです。


  1. 文章表現に「例文」がある場合、デフォルトで開いておくように変更
  2. 校閲支援・推敲支援の「補足」にURLがある場合、コメント枠からはみ出すケースがあるのを修正

それぞれ詳しく説明します。

1. 文章表現に「例文」がある場合、デフォルトで開いておくように変更

例文をはじめから表示

文章表現の「例文」をデフォルトで開いておくように変更いたしました。

これまで、「各フレーズをどう使うのか?」といった使用例を確認するためには、ひとつずつクリックする必要がありましたが、その手間を減らし一覧性を向上させました。
(もちろん、従来通り「補足」もアイコンクリックで確認できます)

2. 校閲支援・推敲支援の「補足」にURLがある場合、コメント枠からはみ出してしまうケースがあるのを修正

URLの飛び出し修正

校閲支援・推敲支援の「補足」にURLがある場合、コメント枠からはみ出して表示されるケースを修正しました。


その他、細かなUI改善をおこないました。

今後どんな機能が追加されていくかは、開発スケジュールのページで公開しています。
(スケジュールや内容は随時、追加・変更・中止となる場合がありますのでご了承ください)

引き続き、文賢を何卒よろしくお願いいたします。


※バナークリックで文賢の販売サイトへ移動します。