【更新日】 2018年11月9日

この記事では、文賢の今後の開発、アップデートスケジュールを公開しています。
(なお、スケジュールやアップデート内容は追加・変更・中止となる可能性があることをご了承いただければ幸いです)

今後の予定

  • 文賢のAPI化
  • ユーザーもオーナーと同等の辞書を自身で作成できるようにする
  • 文章表現に敬語カテゴリを追加
  • マークダウンを無視してチェックする機能
  • ダークモードの搭載
  • 企業向けに辞書やアドバイス機能を拡張させたエンタープライズ版の実装