2020年7月21日、以下の内容で文賢のアップデートを行いました。


  1. 校閲支援「話し言葉・砕けた言葉」チェックで「い抜き言葉」の判定を改善
  2. 推敲支援「接続詞のハイライト」を文頭以外の箇所でもチェックするように改善

アップデート内容について、それぞれ詳しく説明します。

1. 校閲支援「話し言葉・砕けた言葉」チェックで「い抜き言葉」の判定を改善

校閲支援「話し言葉・砕けた言葉」チェックの中にある、いわゆる「い抜き言葉」の判定をブラッシュアップいたしました。

い抜き言葉を指摘する画面

これまでの文賢でも「い抜き言葉」はチェックしておりましたが、今回のアップデートでは、この判定の精度をより高めました。

知らず知らずのうちに「い抜き言葉」を使っていないか、チェックしてみると良いかもしれません。
(もちろん、フランクな印象にするためにあえて使っている場合は除いて)

2. 推敲支援「接続詞のハイライト」を文頭以外でもチェックするように改善

これまで文頭にある接続詞しかチェックできなかった「接続詞のハイライト」を、文頭以外でもチェックできるよう改善いたしました。
※ただし、接続詞の前に読点(、)があることが条件。 

接続詞のハイライトの画面

なお、接続詞の前に読点(、)がなくてもチェック可能となるよう、さらに改善していく予定です。


上記のほか、軽微なUIの改善や不具合改修をおこないました。

今後どのような機能が追加されていくかは、開発スケジュールのページで公開しています。
(スケジュールや内容は随時、追加・変更・中止となる場合がありますのでご了承ください)

引き続き、文賢を何卒よろしくお願いいたします。


※バナークリックで文賢の販売サイトへ移動します。