2019年8月21日、文賢のアップデートを行いました。
主なアップデート内容、不具合改善内容は以下のとおりです。

文賢Ver5.0.0

  1. お知らせスペースの常時配置をやめ、メインエリアのスペースを拡大
  2. 利用頻度の低かったリセットボタンを廃止
  3. 上部メニュー部分の表示/非表示機能を追加
  4. 左ナビバーのUI・ボタン位置の変更
  5. 文章表現のページング機能を強化
  6. 校閲支援・推敲支援の対応チェック項目をわかりやすく変更
  7. チェック項目に「指示語」「冗長な表現」を追加
  8. 「フリールール」のON/OFF機能を追加
  9. 各チェック項目のON/OFF状態を保持する機能を追加
  10. ライセンスの使用期限が1日多く表示されることがある不具合の修正

それぞれ、詳しく紹介していきます。

上部メニューバーおよび左ナビバーの改善・機能追加

1. お知らせスペースの常時配置をやめ、メインエリアのスペースを拡大

上部バーの表示方法変更

※再表示する場合は、以下のとおり、歯車メニューから「お知らせを再表示」で表示できます。
お知らせを再表示

2. 利用頻度の低かったリセットボタンを廃止

リセットボタンを廃止しました。

リセットボタンを廃止
(文章をすべて削除したい場合は、いったんブラウザを閉じるか文章を全選択してキーボードのデリートボタンを押してください)

3. 上部メニュー部分の表示/非表示機能を追加

執筆に集中したい場合などに、お使いいただけます。

上部バー表示・非表示

4. 左ナビバーのUI・ボタン位置の変更

「確認」グループの中に「コピー」ボタンをまとめ、「明朝モード」ボタンを上部メニューへ移動しました。

左ナビバーUI変更

右サイドバーの改善・機能追加

5. 文章表現のページング機能を強化

文章表現に、ページ数を指定して切り変えできる機能を追加しました。

文章表現のページング機能

6. 校閲支援・推敲支援の対応チェック項目をわかりやすく変更

校閲支援・推敲支援で指摘された内容から、対応するチェック項目の表示をわかりやすくしました。

チェック項目表示の変更
(チェック項目の文頭に付与していた、アルファベットによる識別は廃止しました)

また、下記のとおり各チェック項目名をクリックすれば、チェックのON/OFFを設定できるウィンドウが開きます。

チェック項目への移動

校閲支援のチェック項目数の変更

7. チェック項目に「指示語」「冗長な表現」を追加

校閲支援の「話し言葉・砕けた表現」にまとめられていたチェック機能の一部を推敲支援に移動し、「指示語」「冗長な表現」のチェック項目として追加しました。

指示語・冗長な表現

8. 「フリールール」のON/OFF機能を追加

推敲支援の「フリールール」を、チェック項目からON/OFFできるようにしました。

フリールール

その他

9. 各チェック項目のON/OFF状態を保持する機能を追加

各チェック項目のON/OFF状態がブラウザを閉じても保存されるように変更しました。
(今後は、ON/OFF状態はユーザーに紐付くようになります)

10. ライセンスの使用期限が1日多く表示されることがある不具合の修正

文賢オーナーページにて、ライセンスの使用期限がライダーストアの表示より1日多く表示されることがある不具合を修正しました。

<img src=
(※表示上の修正で、実際の有効期限の日数に変更はありません)


その他、細部のUI調整ならびに不具合修正をいたしました。

今後どんな機能が追加されていくかは、開発スケジュールのページで公開しています。
(スケジュールや内容は随時、追加・変更・中止となる場合がありますのでご了承ください)

引き続き、文賢を何卒よろしくお願いいたします。


※バナークリックで文賢の販売サイトへ移動します。