UI改善、各項目の名称変更、自分ルール(旧:ユーザー辞書)の拡張、ユーザーによる辞書作成・編集が可能に。