この記事では「【文賢】文章の校閲・推敲支援ツール」の使い方を説明しています。
「Gmail™ 誤送信チェッカー with 文賢」の使い方はこちらの記事をご確認ください。
【4/20更新】 既知の不具合情報
Chrome拡張機能【文賢】不具合のお知らせ

拡張機能のインストール方法

下記、Chromeウェブストアにアクセスし、「Chromeに追加」をクリックすればインストール完了です。

【文賢】文章の校閲・推敲支援ツール – Chrome ウェブストア

画像:chromeウェブストアの文賢

拡張機能の使い方

1. 右クリックから「文賢に送る」

ブラウザ上の文章をドラッグし右クリックして文賢に送る(◯◯文字を選択すれば、校閲支援の画面に文章が送られます。

※ドラッグしている文字数がカウントされます。
なお、文賢側の文字数カウントの設定(改行や半角/全角スペースを含むかどうか)と、拡張機能でカウントされる文字数は連動していません。

画像:拡張機能から文賢に送る

2. アドレスバー横に文賢アイコンを表示・クリックして「文賢に送る」

※2022年2月7日時点で、こちらの「アドレスバー横の文賢アイコンを表示・クリックして文賢に送る」機能が動作しておりません。
原因調査および対応中につき、今しばらくお待ちいただければ幸いです。

GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどを使用していて、右クリックメニューに「文賢に送る」が表示されない場合は、アドレスバー横のアイコンをクリックして文賢に送ります。

  1. 拡張機能のアイコンを押下し、ピン留めアイコンをクリックして、アドレスバー横に文賢のアイコンを表示します。

    画像:文賢の拡張機能をアドレスバー横に表示する方法

  2. Googleドキュメント内の文章を選択した状態で、アドレスバー横の文賢アイコンをクリックすれば、校閲支援の画面に文章が送られます。

    アイコンをクリックして文賢に送る