この記事では、ユーザーのライセンス(注文ID)を付け替える方法を紹介しています。

ライセンスの付け替え機能は、「まとめ買いしたライセンス数を減らすために、別途少ないライセンス数で再購入した場合」「支払い方法を途中で変更した場合」などに使うと便利です。
(ライセンスを付け替えても、ログインするためのメールアドレスとパスワードは変わりません)

※ライセンスの付与・付け替えはオーナーのみ行えます。
※使用期限が切れたライセンスに紐付くユーザー情報は、「カスタム辞書」「文章表現のお気に入り登録」とともに削除されます。

ライセンス(注文ID)を付け替える方法

  1. オーナーで文賢にログイン後、右上のアイコンをクリックして表示されたメニューの「ライセンス管理」をクリックする。
    画像:アカウントメニューからライセンス管理
  2. 過去に購入したライセンスや、新規に購入したライセンスが表示されていることを確認します。
    ライセンス一覧
  3. 購入したライセンスの各行をクリックすると、該当するライセンスの注文IDを割り当てているユーザーの絞り込みができます。
    注文IDによるライセンスの絞り込み表示
  4. 「ユーザー管理」内の、ユーザー名をクリックします。
    画像:ライセンス管理の画面からユーザー名をクリック
  5. 「割り当てるライセンス」をクリックして、変更する注文IDを選択します。
    画像:ライセンスの注文IDを変更
  6. 変更を保存を押せば、注文IDの付け替えは完了です。
    画像:変更を保存

【注意】 失効したライセンスに紐付くユーザー情報は60日後に削除されます

有効期限が切れ、失効したライセンスに紐付いているユーザーは、以下の画面表示となります。

画像:失効したライセンスが付与されたユーザーの表示

この状態のまま60日が経過すると、ユーザー情報およびユーザーのカスタム辞書が削除されます。

ユーザー情報を保持したい場合は、60日以内に有効なライセンスへの付け替えを行うか、辞書データをエクスポートして保存することをオススメします。